令和2年度 会長所信

会長所信 令和2年度会長 佐久間裕介

 成田商工会議所青年部は諸先輩方の熱い思いを胸に、昨年55周年を迎えました。そして本年は東京2020オリンピック・パラリンピック開催に伴うインフラ整備や観光需要が増加し、日本経済および地域経済の発展が一層期待されます。私たちが住むここ成田も、毎年約4千万人が利用する空の玄関口である成田国際空港と、年間約1千万人の参詣者が訪れる成田山新勝寺、千葉県で2校目となる医学部を有する国際医療福祉大学等、経済、観光、医療、福祉も充実したまちとして、更なる発展の可能性を秘めております。

私は13歳から7年間成田を離れていたため、地元に戻ってきたときには相談できる仲間がひとりもいませんでした。そこで、祭りの若者連・消防団に所属する等地元に根をおろす活動をはじめました。

気がつけば周りには相談できる仲間や先輩が多く出来、少しずつ信頼関係を築くことで、自社の実績に

つなげることができました。他地域への事業拡大も考えますが、まずは地元、足場をしっかりと固める

べきではないでしょうか。「郷土愛」~生まれ育った地元があるから今の自分がいる~を令和2年度

のスローガンをとし、「地元地域」に特化した事業を展開していきます。

 

まず、地元地域を知る為により多くの地域行事等に参加をして地元の熱い思いを知り、青年経済人としての活力を養います。次に、昨年は台風・雨の影響で甚大な被害がありました。いつ災害が発生するか分かりません。今一度我々メンバーが防災について学び、大切な家族・自企業が万が一機能低下した際の対処法、及びメンバー同士の安否確認システムを構築します。また、メンバーのエンジェノレタッチの使用率が著しく低下をしており、メンバー同士の連絡、スケジュール確認、等が行き届かないケースも目立ちます。メンバー全員がその活用について学び、円滑な組織運営を目指します。そして、11月には千葉県船橋市において「第40回関東ブロック大会CHIBAふなばし大会」が開催されることから我々はその成功に向け力を注ぎます。本年度は千葉県商工会議所青年部連合会副会長として飯島栄君、代理として高橋裕也君、関東ブロック商工会議所青年部連合会には鈴木崇也君、小林裕司郎君、そして日本YEGビジネス交流委員会委員長として平岡国彦君を輩出いたします。我々の代表として、学びや気づきを持ち帰って、今後につなげて頂きたいと思います。

 

創立以来、諸先輩方が築いた熱い思いの灯を絶やさず、豊かで住みよい郷土づくりに貢献する思いで地元を愛し、次の世代につなげていけるよう、我々メンバー全員が今一度自分の足元をしっかり見直すきっかけとなる1年にしていきましょう。

お問い合わせ

🏣286-0033

成田市花崎町736-62

TEL: 0476-22-2101

FAX: 0476-22-2107

地図